So-net無料ブログ作成
検索選択

今学期 [Boalt Hall]

一応、今年度のブログの主な目的は(とってつけたようではありますが)勉強の足跡を残して置くということにあると思いますので、今学期の科目について書いておこうと思います。

Antitrust(4単位):専門分野ですし、取らないわけには行かないでしょう。担当のShelanski教授は非常にクリアーな話し方で、パッションに溢れた授業をします。コースリストにおいては、ビジネスローに分類されながらも、Boaltの目玉であるLaw&Technologyの科目としても提供されており、どちらを専攻する学生も関心を持つせいか、大教室がぎっしり埋まっています。日本で実務に携わっていた身からすると、正直それほど深みはないかと感じることもありますが、聞いているだけで、改めて独禁法が好きになる。そんな授業です。

Antitrust&IP(2単位):私の最大の関心分野の一つであり、はずせない科目です。マイクロソフト事件にも関与したかなりベテランの実務家が担当しています。話し方がゆっくりで私にも聞き取りやすく、一言で言えば「まったりとした」授業。息子が売れないインディーズのバンドをやっているらしく、その曲を聴くことをやたら薦めてくるのが難点ではあります。テストはなく、ペーパーの提出が要求されるので、関心分野である標準化を取り上げようかと思案しているところです。

Evidence(4単位):卒業後に司法試験(BarExam)を受けるための要件とされている「ベーシックコース」として選択しました。本当はなじみのある刑事訴訟法をとろうと思って最初の授業に言ったのですが、ひたすら生徒を当てまくり、早口で議論した挙句、結論を明らかにしないという、いわゆる「ソクラテス・メソッド」を追求した授業で、ついていけないと判断し、乗り換えました。Evidenceは、科目自体は興味深いのですが、教授(女性。比較的若い)の授業運営がテキトーで、最近2週間は、中間試験をどうアレンジするか(日程・出題範囲等)を生徒と議論して授業の3分の1が潰れたりするトンデモ授業ではありますが、そういうのを見ているのも社会勉強としては結構面白いです。

IP in Entertainment Industries(3単位):いわゆるエンタメ法。響きはイロモノですが、頻繁にレポート提出があり、結構ハードです。ただ、IPの看板教授の一人であるMenell教授のパワポはいつも感嘆するほど作りこまれており、実際のフィルムを見比べてその類比を議論したりとかなり実践的です。エンタメだとLAの大学にはかなわないかなとの先入観を持っていたのですが、ほぼ毎回第一線のエンタメ・ロイヤーをゲストスピーカーに呼んだり、LAのスタジオ訪問が予定されていたりと、とにかく濃い授業です。

Cyberlaw(3単位):担当は若い2人の弁護士ですが、分野としてはベテランの先生よりも、教えるのに適している科目だと思います。内容的には大変興味深いのですが、お気づきのとおり、ここまでで5科目16単位と、おそらくLLM中誰よりも多い科目/単位数を誇っているため、もしかしたらDROPするかもしれない科目ではあります。

時間の重複があってPatent Litigationという科目が取れなかったりと不満がないわけではないのですが、ビジネス系の科目を専攻している人や、他大学の人から話を聞く限り、やはりBoaltのIP専攻というのは科目的には恵まれてるなあと感じている次第です。あとは単位を落とさないよう気を引き締めないといけないですね。


nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

maru

ご無沙汰しています。

LAの大学ですが。。。私は結局とらなかったのですが、IP本体は厳しかったものの結果的にはいい科目だったみたいです。一方、個別の科目はどの科目もあまり評判よくありません。

私もエンタメ法をとっていますが。。。アップしたとおりです。
どんな感じの授業か資料を拝見させていただきたいところです。。。

Antitrustもちょっと、、、という感じ。結構春の科目については不満が残りますね。
by maru (2008-03-28 14:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。