So-net無料ブログ作成
検索選択

Berkeleyでの授業開始です! [Boalt Hall]

ずいぶんご無沙汰してしまいました。
7月31日にジュネーブを出発し、8月1日夜、関西の自宅へ帰宅。翌2日にあわただしく出国し、サンフランシスコに到着するという強行日程を経て、バークレーに入り、はや3週間ほどが経ちました。

行く前から当地について色々聞いてはいましたが、バークレーは朝晩思った以上に涼しい半面、お昼の太陽の下では汗ばむように暖かく、また、アジア料理のレストランは豊富、日本の食材も簡単に手に入る、と本当にすごしやすい所です。

入国後、アパートに入る6日までは、キャンパス内の宿泊施設に滞在し、中古車ディーラーを回ったり、携帯電話を契約したり、レンタカーを借りて初めての左ハンドルで地図もなくサンフランシスコのダウンタウンに迷い込み彷徨ったりしていました。

10日にはオリエンテーションがあり、いよいよBoaltHallでの生活が始まりました。今年のLLMは90人程度いるようで、われわれ日本人は最大多数の10人です。サマースクールでも大変でしたが、その倍以上の人数で、名前と顔を覚えるには相当の時間がかかりそうです。

先週13日の週は、留学生のLLMだけを対象とした1週間のアメリカ法入門のコースがありました。

1週間でコモンロー概念からはじまり、陪審員制度、憲法、ロースクールでの1年生の基本科目(Property, Contract, Tort)を概観するというなかなか無茶な授業で、英語も満足に聞き取れなかった上、高校時代からの友人M君が我が家に滞在ということもあり、目が回るような1週間でした。もっともお客様をお迎えしたことを理由に、バークレー1有名なレストラン・シェパニース(現在流行しているカリフォルニアキュイジーヌ発祥の地とのこと)に行ってみたり、フィッシャーマンズワーフ、アルカトラズ刑務所、オークランド・アスレチックス(対シカゴ・ホワイトソックス)野球観戦を堪能するなど、楽しい一週間でした!(写真を載せだすと、また更新が遅れるので、とりあえず文章だけにとどめておきます。)

そして、いよいよ今日から正規の授業が開始です。学校もJD(アメリカ人が入学する通常のコース)がキャンパスに戻ってきて、先週までとはまったく違った雰囲気になりました。相変わらず英語の聞き取りには大苦戦していますが、知財やLaw&Economicsなど興味深い授業が目白押しなので、がんばっていきたいと思います!


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。