So-net無料ブログ作成
検索選択

中田特番に思う [エンタメ]

たまたま家にいたので、中田英寿引退の2時間特番を通しで見てしまいました。

過去の栄光をたたえて、旅に出るとか言わせて終わりかな、という程度で大して期待していなかったのですが、実際にはW杯敗退決定から間がない時点で予選3戦のVTRを中田にダメだしさせるという観ていてハラハラする内容で、なかなかに見応えがありました。

まあ今となっては、中田と宮本の衝突も、柳沢の、サッカーのルールをキーパーにボールを当てるものと勘違いしていたのではと見まがう決定機のミスも、言ってもどうしようもないことではあるのですが、この特番を観ていて心に残ったのは、「プロである以上全力を出すのが最低限」という言葉です。

試合終了後思わず倒れこむほどの中田のプレーや、プロなんだから全力を出して当然という中田の言葉に対しては、マスコミ等でも大きな賞賛が寄せられていますが、このことは単純な賞賛にとどまらず、サッカーのみならず今の日本社会に対して非常に大きな問題を突きつけているような気がします。

というのは、遮二無二高度経済成長を続けてきた世代に対して、中田と同世代の私たち、そしてその後の世代には、「頑張ることは格好悪い」という根深い、取り払い難い観念が蔓延っているように感じるからです。きちんと分析したわけではありませんから自信はありませんが、この背景には「頑張らずに結果を出すのが格好いい」という価値観があり、本来なら結果を出しているということに価値があるはずなのですが、どうも「われわれ世代」は逆に、頑張ることはがっついてるようでみっともない、という判断が先に来ているような気がするのです。

先日ある記事で

「できるだけいい大学に入れるようにがんばりたい」と考えている高校生は、中国韓国はともに90%以上(「全く」+「まあそう思う」の合計)、米国は75.7%でした。一方日本は61.7%と、他の3カ国と比べてかなり低くなっています。

という記事を見つけたのですが、これも上に書いたような現代日本人の思考パターンが影響しているものと思います。「がんばりたい」を外して「できるだけいい大学に入りたい」だったらもう少しパーセンテージは上がったかもしれません。(それでも外国に及ばないと思いますが。)

柳沢が決定機を外した際、「FWは点を取るだけが仕事だと思わない」と発言していたことが報じられましたが、これも突き詰めれば同じ問題、すなわち、自分の本分で全力を尽くすことができない、というところに行き着くのではないかと思います。

日本の将来の競争力を考えると、この物質に満たされた時代にどう頑張ることの価値付けをするかということは、ゆとり教育の解消とともに早急に考えないといけないのではないかと危惧しています。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

通りすーがり

柳沢選手の「FWは点を取るだけが仕事だと思わない」というのは、しゃにむにシュートを打つのではなく、最も確率の高いところがあったら、パスを出す。また、他の選手のシュートを助けるようにスペースを作る動きをする。と、言うものです。それは、それで、その選手のプレースタイルなので、導光言うべきことではありません。それを選ぶのは監督だから。あの場面で、シュートを外すのはいただけませんが、あのバッジオでさえ、PKで大はずれの失敗などがあるので、100%はないはず。
中田さんは、確かにカズに続く先駆者でしょうが、それほど大騒ぎする必要があるのでしょうか?と、思っています。ただ単に、マスコミの使い方が上手いだけ、と感じてしまいます。
今回のTV番組を見ていませんが、一方的に意見を言うのではなく、他の選手との討論だったら、興味を持って見たのかもしれません。一方的は、好きではありません。
by 通りすーがり (2006-07-19 09:58) 

らくだ

コメントありがとうございます!
たしかに対談とかさせてみたいですが(個人的にはラモスを希望します)、「マスコミの使い方がうまい」彼のことですから難しいんでしょうね。。。
ただ、「インサイドにければ違っていたかもしれない」などと他人事のように語って顰蹙を買った柳沢なんかと比べれば、たとえ現役時代のプレーという意味では必ずしも成功したとはいえなかったにしても、中田は日本人のサッカーを見る目に影響を与え続けたという意味では重大な足跡を残せたんじゃないかな、と思います。後向きな言い方になってしまうかもしれませんが、「どうせ負けるなら中田がいてくれてよかった」という感じでしょうか。。。
by らくだ (2006-07-22 10:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。